壁付タイプ蛇口で配管が離れすぎている場合 | スタッフブログ【サンリフレプラザ】

お問い合せ・無料見積り
活動レポート
お客様ブログ
メディア紹介
東京ショールーム
会社案内・スタッフ紹介

  

サンリフレプラザが選ばれる理由
売れ筋ランキング
ご利用の流れ
お問い合せ・お見積り
工事・商品保証
サンリフレプラザ 東京ショールーム
安心と安全への取り組み
ISO9001認定取得
TOTO INAX パナソニック 会員加盟店
サンリフレプラザ公式Facebook

サンリフレプラザ - スタッフブログ

サンリフレプラザ
- スタッフブログ -

キーワードから記事を探す

おはようございます。

本日は、壁付タイプの蛇口について多くお問合せをいただく内容を記載させていただきます。

壁付き蛇口は、湯と水の間は105mm~225mmまでが蛇口の八の字の「脚」の角度で調整できる範囲になります。(通常はこの間に収まっています)

105_225.jpg
この間が225mm以上の場合は「脚」が真横以上になってしまいますので、標準の脚では取付する事ができません。

そこでTOTOより「長尺脚」という便利なオプション部材が出ています。

標準の脚の長さが70mmなのに対し、こちらは130mmのロング仕様ですので、湯水配管の間が300mm以上離れていても設置できます。

tn55rx-b.jpg
TN55RX シングルレバー水栓用

tn55-1x-b.jpg
TN55-1X 2ハンドル水栓用

tn55zrkx-b.jpg
TN55-RKX シングルレバー水栓用【寒冷地仕様】

また、蛇口の高さを上げたい時などにも有効です。

当店HPの蛇口関連工具販売ページにて販売中です。

ご不明な点は何なりとお問い合わせ下さい。

よろしくお願いいたします。

ネット住設店の老舗 実績No.1のサンリフレプラザにお任せください。
施工事例 11,000件以上掲載 お客様の声 3,000件以上掲載 スタッフブログ 継続8年目 地道な継続が信頼の証です
住宅設備のご用命は2001年より開設している実績No.1のサンリフレプラザへ
▲ページTOPへ戻る