洗面台の高さについて | スタッフブログ|リフォーム実績30万件の住宅設備工事専門店サンリフレプラザ【公式】NO.466

お問合せ無料お見積はこちら

毎日、何気なく使っている自宅の洗面台ですが、

日本工業規格(JIS)は、1973年に

680ミリもしくは720ミリを標準的な

高さと決めたそうです。しかし、

「最近は800ミリが主流」です。

規格と最近の製品のズレは

「設計の前提になる日本人の身長が伸びたから」

だそうです。身長によっては使いやすい高さは

違いますものね。