パナソニック電工の分岐水栓取扱い開始しました | スタッフブログ【サンリフレプラザ】NO.4654

お問合せ無料お見積はこちら
ご利用ガイド
カート

いつもご利用ありがとうございます。 食器洗い乾燥機などを設置するために蛇口に設置する『分岐水栓』につきまして、お取扱の追加ご案内をさせていただきます。

 

現在国内で流通している分岐水栓は、主にこれまではTOTOブランド(EUDB-)とパナソニックブランド(CB-)でしたが、9月末でTOTO食器洗い乾燥機ウォシュアップエコの販売終了に伴い、TOTO製分岐水栓(EUDB-)がTOTO現行水栓金具用を除きまして生産終了となります。

 

これに伴いまして当店では、以前よりご要望を多く頂いておりましたパナソニック分岐水栓(CB-)の取扱いを開始いたしました!

(EUDB-)と(CB-)の分岐水栓は基本的に同等製品になりますが、異なる点は下記になります。

TOTOブランド(EUDB-)
bunki_sp_sxg7.gif

ホシザキ製の食洗機以外、TOTO旧型ウォシュアップエコも含めて全て対応。旧型のウォシュアップエコは現在多くのメーカーで採用されているカプラー式ではなく、ネジ込み式の接続方式を採用しており、このネジ込み径に対応するために、カプラを外すとネジ接続ができる設計になっています。

このためホシザキを除く全ての卓上型食器洗い乾燥機に対応する反面、ネジ径が特殊なために二分岐コックの接続はできませんでした。

尚、当店HPでも販売中の現行のTOTO水栓金具に対応する品番は、一部を除き販売が継続されますので、TOTO製の現行機種に取付される際は、価格も若干お安いこちらの分岐水栓をおすすめさせて頂きます。 <TOTO販売継続品番EUDB308、EUDB306S,EUDB904>

パナソニックブランド(CB-)
bunki_sp_sxg7.gif

こちらもほぼ全ての卓上型食器洗い乾燥機に対応します。取付ができない機種は、ホシザキ製とTOTO旧型ウォシュアップエコ(ネジ接続式)になります。それ以外のパナノニック(松下時代含み)、三菱、サンヨー、TOTO、象印といった主要家電メーカーの食器洗い乾燥機全てに対応しております。

また、食器洗い乾燥機と浄水器を両方使用する事が可能な二分岐コックも取付が可能です。

CB品番も引き続き豊富に在庫して当日出荷対応と致しましたので、今後とも宜しくお願いたします。

分岐水栓の詳細はこちら