ウォシュレットの給水ホース取付手順 | スタッフブログ【サンリフレプラザ】NO.461

お問合せ無料お見積はこちら
ご利用ガイド
カート

いつもご利用ありがとうございます。営業スタッフの陽田です。

先日は蛇口交換の「ワンポイントアドバイス」をさせて頂きましたが、今回はウォシュレットの給水ホース取付手順についてお話しさせて頂きます。

給水ホースは梱包のダンボールよりも長さがあり、曲げた状態で同梱されているため、お手元に届いたときには「クセ」がついています。

ueayuy_r.jpg
(ウォシュレットに付属している長さ約1mの給水ホースの写真です。当社サービス品のフレキシブル管のことではありません。)

そのため、その「クセ」を考えずに取付けてしまうと、給水ホースが分岐金具とは違う方向を向いてしまい、接続しにくくなる事があるのです。

そのため給水ホースの取付けは、

便器にウォシュレットを設置し、給水管に分岐水栓を設置してから、

ウォシュレット側の給水ホース接続位置と分岐金具の位置を確認して、

給水ホースの「クセ」を考えて取り付けするとスムーズに取り付けできます。

この手順でサンリフレプラザの「取付実例」でもご説明させて頂いております。

トイレ内では作業スペースが狭く、先にウォシュレット本体に給水ホースを取り付けてしまいがちになるのですが、

ここが順調に作業できるかのポイントの1つになりますので、お客様ご自身で取付を行われる場合には、是非ご参考に頂ければと思います。

≫DIY向け解説ページ