蛇口の語源 | スタッフブログ【サンリフレプラザ】NO.3686

お問合せ無料お見積はこちら
ご利用ガイド
カート

蛇口の語源

おはようございます!
リモデル事業部二課の落久保です(*^^*)

梅雨で雨が多く、洗濯物がカラっと乾かないのがちょっと困りますが、
この梅雨が明ければ夏に突入ですね!
夏が大好きな方もいらっしゃれば、暑くて嫌いだという方もいらっしゃいますよね(*_*;
私はどちらかというと前者です!!

今回は梅雨ということで、水に関わる『蛇口』の由来について少しお話させていただきますね(^J^)

蛇口は、蛇に似ているから・・と単純に想像してしまいますが、それなら象の鼻でも良かったのかな・・いえいえ!明確な理由があるようです。

日本で初めて水道が開設されたのは明治20年の横浜です。水道が敷設された当初は、道路の脇に設けられた共用栓から水を出して利用していました。

当時の共用栓はほとんどがイギリスからの輸入品で、ほとんどのものにヨーロッパの水の守護神である「ライオン」のレリーフがついていました。
yeyyyooy.jpg
今でもこのようなライオンは稀に健康ランドやホテル・旅館の大浴場で見られますよね。
つまり、もともとはライオンの口から水が出るのが一般的だったのです。

その共用栓が徐々に国産化されていく過程で、ヨーロッパの影響からの「ライオン」が、
中国や日本の水の守護神である「龍」の形に変わってきました。
そして「龍口」がいつしか「蛇口」と呼ばれるようになり、
「蛇体鉄柱式共用栓」が正式な名称となったのです。

架空の動物の竜の元になった生き物が「蛇」であるため、
日本になじみがある身近な「蛇」の名称が使われるようになったようです!

確かに龍はなじみがないですもんね(^_^;)

ちょっとした豆知識として、知って頂ければ幸いです!!
本日もよろしくお願い致します!

ネット住設の老舗 実績No.1の
サンリフレプラザにお任せください。

ネット住設の老舗 実績No.1のサンリフレプラザにお任せください。

営業担当と施工担当が一つに連携してご対応致します。安心してご利用下さい。

本社
東京都渋谷区東1-26-20 東京建物東渋谷ビル12F
ショールーム
東京都渋谷区代官山町17 代官山アドレス1F
横浜商品センター
神奈川県横浜市港北区新羽町793-2
川口商品センター
埼玉県川口市北原台3-16-29
大阪営業所
大阪府豊中市稲町2-2-1
名古屋営業所
愛知県名古屋市守山区小幡南3-3-3
札幌営業所
北海道札幌市北区屯田6条12丁目7-12
福岡営業所 / 福岡工事部
福岡県太宰府市国分1-1-41