蛇口の語源 | スタッフブログ|リフォーム実績30万件の住宅設備工事専門店サンリフレプラザ【公式】NO.3686

お問合せ無料お見積はこちら

蛇口の語源

おはようございます!
リモデル事業部二課の落久保です(*^^*)

梅雨で雨が多く、洗濯物がカラっと乾かないのがちょっと困りますが、
この梅雨が明ければ夏に突入ですね!
夏が大好きな方もいらっしゃれば、暑くて嫌いだという方もいらっしゃいますよね(*_*;
私はどちらかというと前者です!!

今回は梅雨ということで、水に関わる『蛇口』の由来について少しお話させていただきますね(^J^)

蛇口は、蛇に似ているから・・と単純に想像してしまいますが、それなら象の鼻でも良かったのかな・・いえいえ!明確な理由があるようです。

日本で初めて水道が開設されたのは明治20年の横浜です。水道が敷設された当初は、道路の脇に設けられた共用栓から水を出して利用していました。

当時の共用栓はほとんどがイギリスからの輸入品で、ほとんどのものにヨーロッパの水の守護神である「ライオン」のレリーフがついていました。
yeyyyooy.jpg
今でもこのようなライオンは稀に健康ランドやホテル・旅館の大浴場で見られますよね。
つまり、もともとはライオンの口から水が出るのが一般的だったのです。

その共用栓が徐々に国産化されていく過程で、ヨーロッパの影響からの「ライオン」が、
中国や日本の水の守護神である「龍」の形に変わってきました。
そして「龍口」がいつしか「蛇口」と呼ばれるようになり、
「蛇体鉄柱式共用栓」が正式な名称となったのです。

架空の動物の竜の元になった生き物が「蛇」であるため、
日本になじみがある身近な「蛇」の名称が使われるようになったようです!

確かに龍はなじみがないですもんね(^_^;)

ちょっとした豆知識として、知って頂ければ幸いです!!
本日もよろしくお願い致します!