デリシア3Vの自動魚焼き | スタッフブログ【サンリフレプラザ】

お問い合せ・無料見積り

  

サンリフレプラザが選ばれる理由
売れ筋ランキング
ご利用の流れ
お問い合せ・お見積り
スポットリフォームのご紹介
工事・商品保証
サンリフレプラザ 東京ショールーム
かんたん分割払い
安心と安全への取り組み
ISO9001認定取得
TOTO INAX パナソニック 会員加盟店
施工スタッフ募集概要はこちら
サンリフレプラザ公式Facebook

サンリフレプラザ - スタッフブログ

サンリフレプラザ
- スタッフブログ -

キーワードから記事を探す

おはようございます。岩崎です。
いつも当社HPをご覧いただき誠にありがとうございます。

本日はリンナイのガスコンロ
デリシア3V乾電池式のご紹介です。

デリシア3V乾電池式は、今年の8月より
グリルで使える人気オプション
「ココット」の付属有無が選べるようになりました。

ココットが付属するタイプは、天板色が限定されています。
こちらの3種類です。

Screenshot_2
左から
クリアホワイトミスト、クリアホワイトゴールド、
クリアグレージュ(※ステンレスゴトクタイプ)です。

※クリアグレージュのホーローゴトクタイプと、
ブラック天板のデリシア3Vには
ココット付属タイプはございません。

================

ココットの付属があるタイプも、ないタイプも
魚を自動で焼ける機能が搭載されているのですが、
その焼き方に違いがあります。

 

■ココット付属なしタイプの場合

2015デリシア3Vグリル操作パネル

ココット付属なしのタイプで魚を自動で焼くには、焼き網を使います。
「干物」「切身」「姿焼」の3つのモードから選んで焼くことができます。
モードごとに火加減や焼き時間が異なって設定されているため、
それぞれの焼き方で、より正確に焼き上げることができます。

焼き網を使って焼く、ココット付属なしタイプは、
塩焼きなど、お魚そのものの美味しさを
楽しみたいという方に向けてつくられています。
今までもグリルで焼き網を使って魚をよく焼かれていて、
その味をこれからも楽しみたいという方には特におすすめです。

また、ご家族が多い方にもおすすめです。
さんまであれば5尾まで入れて焼くことができるので、
家族分を1回で焼き上げることができます。
sanma_93
※画像はリッセというコンロに並べたイメージです。
リッセもデリシア3Vもグリルの幅は変わりません。

 

■ココット付属ありタイプの場合

2015デリシア3Vグリル操作パネル_ココット付属タイプ

ココット付属ありのタイプの場合、魚を自動で焼く際は、
ココットを使用して「焼き魚」モードで調理します。
ココット焼き魚直火_S

ココット付属ありタイプは、
魚を塩焼きにして素材そのものの味を楽しむというよりは
味付けをしてオーブン焼きで
楽しみたいという方向けにつくられています。

「焼き魚」というモード1つで
干物も切身も姿焼きも焼くことができるので
最初のうちは付属のレシピを見ながら、
時間や焼き加減の設定をして
少しずつ慣れていく形でご使用されている方が多いです。

ココット最大の特徴は、蓋がついていることにより
食材から飛び散る油を防ぎ、
グリル庫内が汚れるのを防ぐことができる点です。

そのため、今までグリルのお手入れが面倒で、
フライパンで魚を焼いていたという方には
こちらのココット付属タイプがおすすめです。

やはり直火で焼き上げたお魚は
フライパンとは一味違った美味しさがありますので
ココットを使って是非気軽にグリルでの魚料理をお楽しみください!

その他、ココット付属ありタイプの場合、
ココットで
作る「鶏もも焼き」と
ダッチオーブンで作る「根菜蒸し」が
自動で調理できるようにもなります。

そこまでお魚の自動調理機能にこだわりのない方にも
自動調理メニューのバリエーションが広がる
ココット付属ありタイプはおすすめです。

 

================

魚焼きの自動調理機能は
グリルに入れておくだけで簡単に焼き上げることができる
とても便利な機能なので、
特によく魚を焼かれるという方は
焼き網とココット、どちらでオート機能を使うか
ご購入前に是非一度ご検討ください!

≫デリシア3V全ての商品ラインナップはこちら

bnr_cocotte_s_01
≫ココットの特徴について詳しくはこちら

それでは本日もよろしくお願いいたします。

▲ページTOPへ戻る
施工事例 11,000件以上掲載 お客様の声 2,000件以上掲載 スタッフブログ 継続8年目 地道な継続が信頼の証です
住宅設備のご用命は2001年より開設している実績No.1のサンリフレプラザへ
▲ページTOPへ戻る