カート

9月にはいりましたが、残暑が厳しい毎日ですね。
もう少し涼しくならないかなぁと思っている
磯崎です。

さて、夏が終わり秋風が吹いてくるようになると、
がぜんご注文が増えてくるのが
バス乾こと「
浴室暖房乾燥機」です。

理由は簡単で、いままで、外であっという間に乾いていた洗濯物が、
季節柄だんだん乾きにくくなり、
お洗濯ものを外に干しにいくのがおっくうだなぁ~、

今度の冬こそ、お風呂に入る時に「うちのお風呂寒い~」と
言いながら入りたくないないなぁ、

とお考えのお客様から、
工事のご依頼をいただくようになるからなんです。

そこで、今日は浴室暖房乾燥機の交換現場は
どんな感じになっているのか、
冬がやってくる前にご紹介しようと思います。

今日の現場の施工担当は「早川」です。
新しい浴室暖房乾燥機、工具一式を持ってまずお伺いです。
01.jpg

今回交換させていただく浴室暖房乾燥機は、
100V仕様の電源タイプなので、
作業に着手する前に、
まず分電盤を確認し、電気配線とブレーカーの確認をします。
02.jpg

既設のバス乾を外していきます。
03.jpg

ここからが新しい本体への交換です。
まず、本体を下から開口部にはめこみます。
08.jpg

次に、浴室の点検口からアクセスし、
送風ダクトを本体につなぐために調整していきます。
浴室の天井裏はこんな感じになっています。
04.jpg

浴室の天井裏からみた本体です。
すこし分かりづらいのですが、手前下に見えている木材は、
新しいバス乾を天井裏から支えるために、今回入れた補強です。
浴室という湿気の多い場所に設置するので、補強を固定するネジなどは
錆に強いものを使うなど、設備の設置状態にも配慮して施工しています。

05.jpg

本体にフロントパネルを取り付けます。
06.jpg

無事に交換終了です!
ba01.jpg
今回ご注文の機種は、バス乾のスタンダードメーカー
MAXの100V2室換気タイプ、リモコン付のBS-112HMです。

また、今日のお宅のバス乾は、
2室換気といって、
浴室暖房乾燥機1台で、お風呂と洗面所の2ヶ所の同時換気をするタイプです。
そのため、洗面所の換気口も新しいものに取替えました。
ba02.jpg

リモコンもはっきり大きく、見やすくなり、操作しやすくなりました。
ba03.jpg

運転時間のタイマー予約や、
浴室の暖房、換気、乾燥機能だけでなく、
涼風もでます。

ほぼ2時間で作業は終了、
最後にお客様に機器の操作方法をご説明して、交換完了です!
07.jpg

浴室暖房乾燥機は
湿気の多い場所での運転になることや、
経年などにより、
どうしても機器が痛み、
10年程度を目安に設置当初の出力が出なくなってきてしまいます。

洗濯物の乾きに時間がかかるようになってきたかな?
お風呂の暖房が効きにくくなってきたかな?

と思われたら、
古い機器をだましだまし使っていただくより、
思い切って交換して、すっきり冬に備えましょう!

例年、9月にはいると
年末に向けてお家のなかの設備交換を検討されている
お客様からのご注文がじわじわと増えてまいります。

ご希望日で工事のご予定が比較的組みやすいのは、
9月までの今!
一足早めに冬へ向けての対策がぜひおすすめです。

115.jpg