お参りか名物か | スタッフブログ|リフォーム実績30万件の住宅設備工事専門店サンリフレプラザ【公式】NO.15215

お問合せ無料お見積はこちら

お参りか名物か

おはようございます。
企画担当 二瓶です。

先日、ジョウギサンに行ってきました。

定規さん?
いえいえ。「定義さん」です。

正しい名前は「定義如来 西方寺」という、宮城県仙台市にあって、市街からは車で1時間程度のところにあるお寺です。
開祖ともいうべき平貞能がこの地で「定義」と名乗っていたことから、
地元の人に親しみを込めて「定義さん」もしくは「定義山」と呼ばれているそうです。

決して便のいいところではありませんが、大きくて立派な本堂や五重塔などがある広い境内にたくさんの人が参拝にいらしていて、親しまれ、人気があるのだということがよくわかります。

2013-05-05-113936.jpg

実はこの「定義さん」、参拝客にとってたくさんのお店が並ぶ門前通りも楽しみのひとつ。
(もしかしたら門前通りでのお買い物がメインの目的という方もいらっしゃるかもしれません(笑))

特に「定義さんに来たらこれを食べなくちゃ!」という名物があるんです。

それが「三角あぶらあげ」。

西方寺の精進料理用の豆腐製造のために創業したお豆腐屋さんが作る、いわゆる厚揚げで、揚げたてをその場でいただけるというので、大人気。
お店の前には大行列ができていました。

↓「三角あぶらあげ」です。

rimg0306.jpg

店頭で七味唐辛子とお醤油をかけていただきます。
やっぱり揚げたてはおいしい!!

ちなみに、なぜ三角なのかというと、丸い揚げ鍋にできるだけたくさん入るようにという工夫からだそうで、シンプルな形にもちゃんとした理由があるんだな~と感心してしまいました。

ちなみにこれは「定義さん」の敷地内にあったつくしです。

2013-05-05-112249.jpg

東北の山にも少し遅い春が来ていました。

サンリフレプラザも定義さんを見習い、さらに皆さんに親しみを持ってごご利用いただけるよう、一層のサービス・利便性向上に努めますので、今後ともよろしくお願い致します!