介護保険について | スタッフブログ【サンリフレプラザ】NO.1518

お問合せ無料お見積はこちら
ご利用ガイド
カート

介護保険について

みなさんこんにちは!!

沖縄は早くも梅雨に入ったそうですが、

このじめじめとした季節を乗り切れば私の大好きな夏がやってきます。

今から楽しみにしております^^

さて、今回は良くお問い合わせ頂く介護保険について少しお話させて頂きます。

介護保険とは

保険約款で定められた福祉用具の購入や、住宅改修費を市区町村が支払ってくれる制度のことを言います。

対象となる方は

要介護認定で「要支援」、「要介護」の認定を受けた方となります。

一旦、全額をお客様が工事を行った工事店に支払い、

後日、市区町村への申請により定められた支給限度額の9割の払い戻しが受けられます。

市区町村によっては購入、改修の前に相談や申請が必要な場合がありますのでご注意下さい。

申請方法は

市区町村への申請は当店などの事業者が行うのではなく、

ご本人(ご家族の方等)に申請して頂く必要がありますので

ケアマネージャーさんにご相談いただければ、

申請をしてくれたり、手伝ってくれると思います。

対象となる工事は
保険の対象となるサービスの内容は

在宅の要介護・要支援者が現に住んでいる住宅について、手すりを取り付けたり、

床を滑りにくくするといった小規模な改修工事のことを言います。

保険の対象額は

上限が20万円迄の工事となります。

かかった費用の9割(自己負担が1割ですので、18万円までとなります。)が住宅改修費として支給されます。

具体的な工事内容には

1. 手摺(てすり)の取付け

2. 段差の解消

3. 滑りの防止、移動の円滑等ための床又は通路面の材料の変更

4. 引き戸等への扉の取り替え

5. 和式トイレから洋式便器等への便器の取り替え

6. その他これらの各工事に附帯して必要な工事

等となります。

市区町村によってはこの他の工事も対象になる場合がございますので、一度窓口にお問い合わせしてみて下さい。

また、ご存知のない方も多いのですが、
工事は原則同一住宅につき1回のみの給付ですが、要介護状態が3段階以上あがった場合や、

転居した場合については再度の給付が受けられます。

こちらも市区町村によって細かく制度が異なりますの、ケアマネージャーの方や直接役所にお問い合わせしてみて下さい。

当店の場合、申請時に必要となる写真や見積もり書等は全て無償でご用意致しておりますので
是非、この制度をご利用頂きおトイレの修繕工事のお力になれれば幸いです。

少し長くなってしまいましたがまたUPします^^