カート

おはようございます。
企画担当 二瓶です。

我が家の長男はもうすぐ3歳。
ただ今トイレトレーニングの真っ最中です。

トイレトレーニングとは、つまりおむつ外しトレーニング。
「トイレに行きたい」と教えることができて、かつ「トイレで用を足すことができる」
ようになるためのトレーニングです。
子供が座るときはお尻が落ちてしまわないよう、補助便座を乗せて使います。

我が家のトイレはタンクレスタイプなので、手洗いが別についています。

その点はよかったのですが、子供のトイレトレーニングにあたって
あきらめなくてはいけなくなった機能がひとつ。
それは「オートフラッシュ(自動洗浄)機能」です。
センサーで人が便座に座ったことを感知し、立ち上がると自動的に洗浄してくれる機能です。

子供をトイレに座らせるためにセンサーに手がかかったり、
座ってはみたものの出なかったりしても、
律儀にザザー―っと流してくれてしまうオートフラッシュ。

子供が1人でトイレに行けるようになったとき、オートフラッシュに慣れているせいで
保育園などで流し忘れてしまっても困るし…。
というわけで、泣く泣くオートフラッシュ機能をオフにしました。

すると今度はオートフラッシュを便利に利用していた大人に問題が発生です。
そう。やはり流し忘れてしまうのです…。

そんなわけで、我が家のトイレのドアの内側にはこのような張り紙がされました。

message.jpg

オートフラッシュ、本当に便利な機能なのですが、少しの間我慢です(T_T)

 

オートフラッシュは、このトイレを使い始めるまで
特にいらないだろうと思っていた機能ですが、
お店や公共のトイレでもずいぶん導入が進んでいるせいか、
今ではないと不便とすら感じるようになりました。

トイレをお取替えの際、もし自動洗浄機能の有無に迷ったら、
ぜひ「あり」をお選びになることを個人的にはお勧め致します!

それでは、本日もサンリフレプラザをよろしくお願い致します。