塩ビ配管について | スタッフブログ【サンリフレプラザ】NO.13544

お問合せ無料お見積はこちら
ご利用ガイド
カート

塩ビ配管について

おはようございます。営業部の大澤です。

10月に入りまして夜は過ごしやすい気候を通り越してぐっと寒くなりましたね。
油断すると風邪をひいてしまいそうですので十分気を付けたいものです。

さて、本日はトイレの排水管のサイズ・種類について、少しお話させて頂きます。

当社にはトイレをご自身で取付するために商品だけをご購入されるという
DIY上級者のお客様もたくさんいらっしゃいませすが、
床フランジ立ち上げアダプターといった配管部材も当社ではご用意しております。

こちらの配管部材は配管と便器の排水部分をつなげる為に必要な接続部材となりますが、
塩ビ配管のサイズや種類よって通常はご選択頂く部材の種類も少し異なってきます。

トイレの排水部分の配管サイズは規格で呼び径75mmもしくは100mmと
決まっており、さらに配管も2種類(VP・VU)とご家庭により様々となっております。

一般の方には少しわかりにくい部分となりますので、
この2種類の配管をサイズ表と実際の画像にて簡単にご説明させて頂きます。

dai.jpg

VP管(肉厚管) あらゆる配管設備に使用されます
daivp.jpg

VU管(肉薄管) 一般の戸建住宅や簡易な排水設備に使用されます
daivu.jpg

呼び径は実際のサイズとは異なり、呼び径≒近似内径です

vpvu.jpg
左がVU管(肉薄管)、右がVP管(肉厚管)です(外径は同一)

vpvu1_2_1.jpg
左がVU管(肉薄管)、右がVP管(肉厚管)の拡大したものです

リフォームをお考えの方であれば、基本的に既存の床フランジは
そのまま使う事ができますが、破損していた時などは交換が必要になります。

ただ、この配管のサイズ・種類がどのタイプに当たるのか、実際に
既存便器を外してみないと分らないというお客様も多くいらっしゃいます。

TOTO製品では2種類の床フランジをご用意しておりますが、
上記のとおり事前にサイズ・配管種類がわからない場合でもご安心下さい。

当社ではどちらのサイズ・種類にも対応可能な汎用品のご用意もございますので
現場でご確認頂き、その場でどちらにでも対応可能となっております。
ご注文の際には既存便器の状況を考慮頂きご選択頂けますようお願い致します。

hp430-1_1.jpg hp430-7_1.jpg
HP430-1(VU・VP100用)         HP430-7(VU・VP75用)

h800-8_1.jpg
汎用型 H800-8(VU・VP100/VU・VP75ともに対応
)

また、新築用便器(200mm固定)タイプでご使用します立ち上げアダプターは
どのタイプにも対応可能なように元々追加アダプターも組み込まれておりますので
ご安心頂き、合わせてご検討頂けます。

hh01001r_1.jpg
HH01001R(VU・VP100/VU・VP75ともに対応
)

hh01001r.jpg
配管のタイプにより追加のアダプターをご選択頂けます

当社は部材のような詳細なお問合せにもできるだけ的確にご対応させて頂きます。
メールはもちろんですが、お電話でのご相談も大歓迎です!

それでは本日も更なる精一杯のご対応を心掛けていきますので宜しくお願い致します。

ネット住設の老舗 実績No.1の
サンリフレプラザにお任せください。

ネット住設の老舗 実績No.1のサンリフレプラザにお任せください。

営業担当と施工担当が一つに連携してご対応致します。安心してご利用下さい。

本社
東京都渋谷区東1-26-20 東京建物東渋谷ビル12F
ショールーム
東京都渋谷区代官山町17 代官山アドレス1F
横浜商品センター
神奈川県横浜市港北区新羽町793-2
川口商品センター
埼玉県川口市北原台3-16-29
大阪営業所
大阪府豊中市稲町2-2-1
名古屋営業所
愛知県名古屋市守山区小幡南3-3-3
札幌営業所
北海道札幌市北区屯田6条12丁目7-12
福岡営業所 / 福岡工事部
福岡県太宰府市国分1-1-41