TOTOの新商品洗面台Vシリーズ、リニューアルのポイントはココ! | スタッフブログ|リフォーム実績30万件の住宅設備工事専門店サンリフレプラザ【公式】NO.11868

お問合せ無料お見積はこちら
カート

おはようございます。磯崎です。

もうすぐ節分ですね~、
我が家には猫と3歳児がいるので、豆まきをすると、
どちらもマメを追いかけて家中どったんばったん。
なかなか楽しみなイベントのひとつです!

さて、今日は、TOTOの量産タイプの洗面台で、
NSシリーズからモデルチェンジした新商品、
Vシリーズのアピールポイントをご案内します。

このVシリーズ、
「量産タイプだから、機能はそこそこ、期待できるのは値段だけでしょ?」
と、あなどるなかれ!

メーカーの開発担当のこだわりが、盛り沢山の、
超コストパフォーマンスのよい洗面台なのです!

メーカー開発担当のコメントはこちらです。
(日経産業新聞 1/13発行)

20120113161826_00001.jpg

★こだわりポイント1
「右奥の排水口で使い勝手がグーンとアップ!」

普通、洗面ボウルの排水口といえば、中央奥が業界の常識でした。
このジョーシキを打ち破っているのがVシリーズの排水口。
なんと、右側の奥にあります。

sc0106.png

これは、洗面器を洗面台において顔を洗う中高年の方から、
「中央に排水口があると、タライがガタガタして使いにくい!」
という声を反映したものだそう。

確かに、顔を洗う時に洗面ボウルいっぱいに湯水を貯めて洗うのでは、
湯水ももったいないし、きれいにしているとはいえなんとなく不衛生。

また、ちょっと洗面台で洗いものをするときに
タライを使う人も多いと思いますが、
タライががたがたしたら洗いにくいですものね!

★こだわりポイント2
「白いゴム栓で、見た目もビューティフル!」

水栓とチェーンでつながっている、洗面台の黒いゴム栓、
見た目も悪いし、置き場にも困ります。

Vシリーズでは、このゴム栓を大胆にリニューアル。
なんとゴム栓は黒ではなく、洗面ボウルにあわせた白なのです。

sc0107.png

さらに、洗面ボウルのオーバーフロー(洗面ボウルに空いているあふれ防止の小さな穴)に
このゴム栓をひっかけることができるので、
排水口に栓をしていないときも、ゴム栓が目立たず、洗面台はすっきり。

しかも、右奥に排水口があるので、排水口とゴム栓自体も目立ちにくく、
少し掃除をサボって、排水口にゴミがたまっていても見えづらいので、

「洗髪時に排水口にたまったゴミが目について、外観が美しくないっ」
という女性ユーザーからあがっていた声にも
しっかり応えています。

★こだわりポイント3
「量産タイプなのに、鏡面仕上げでハイグレード!」

量産タイプの洗面化粧台の扉は、ほとんどが化粧板仕上げなので、
価格に応じた見た目になりますが
Vシリーズには、ハイグレードな鏡面仕上げの設定があります。

00b3t8-small1.jpg

鏡面仕上げとは、化粧板の上にさらに鏡のようにツヤのある加工をほどこし、、
汚れや傷に強く、見た目も美しくなる仕上げのこと。

鏡のように光るのと、値段が上がるので、
高級モデルの洗面化粧台のシリーズには設定がありますが、
量産タイプには設定がありませんでした。

しかし、今度のVシリーズには、オプションで鏡面仕上げの
グロスホワイト(H)の設定があり
量産タイプなのにハイグレードな外観も実現しているのです。

 

そのほかにも、

・吐水切り替えができ、水栓高さも変えられる、シャワーホース引き出し式のシャンプー水栓
sc0108.png
・水はねを気にせず、ひろびろ使えるスクエアな洗面ボウル
・ヒーターなしでも曇らない、電気を使わないエコ仕様のエコミラー(オプション)
・両サイドの鏡裏に収納のできる三面鏡(オプション)
・便利な引き出し式のスライドラック(オプション)

など、便利な機能がもりだくさん。
これだけ揃って、当社ならいまだけメーカー定価の60%OFF、43,260円~の販売です!

値段がお手頃なので、一般のご家庭のお取り換え用としても最適で、
お値段以上の見た目なので、
賃貸物件の入居率アップのための洗面台交換にもぴったりです。

関東、関西、福岡エリアなら当社で設置が可能ですし、
それ以外のエリアなら施主支給で洗面台だけのお届けも可能です。

これから洗面台リフォームをお考えなら、
リーズナブルで、コストパフォーマンスが高く、使い勝手も良い、
TOTOVシリーズでぜひご検討ください!