分岐水栓の高温対応品について | スタッフブログ|リフォーム実績30万件の住宅設備工事専門店サンリフレプラザ【公式】NO.1074

お問合せ無料お見積はこちら

いつも当店をご利用頂きましてありがとうございます。

毎日寒い日が続きますね。今朝も車のウインドウが真っ白になっていました。
この霧がなかなか頑固で、以前は窓の霜を落とすのに手が凍えながら霜を落としていましたが、カー用品店で売っている霜を溶かすスプレーを窓に吹きかけるだけで、簡単に取れる事を知りました(^^;)
同じ思いをされている方がいらっしゃいましたら、ぜひお試し下さい。

さて、昨日お客様より高温対応の分岐水栓についてのお問合せがございました。
同様のお問合せを何度か頂いておりますので、詳しくご説明させて頂きたいと思います。

当店取り扱いのTOTO製食洗機用分岐水栓ですが、「通常タイプ」と「高温対応タイプ」の2種類ございます。

高温対応タイプをご選択頂く必要があるケースは、蛇口のお湯側のみを出すと70℃以上(手で触ることができない温度が目安です)が出る場合のみ、高温対応タイプをご選択下さい。

但し、通常タイプでもお湯ではなく水を分岐水栓より出す事は簡単に切替が可能ですので、
お湯よりも少しお時間がかかりますが、熱湯が出る場合でも対応は可能です。

また、食洗機によりましては、水で接続するように指定がある物もあるようですので、接続される食洗機の説明書にてご確認下さい。

「給湯器の設定を高温にすれば、熱湯は出るけど・・」という場合は普段70℃以上に設定していなければ、通常タイプで問題ございません。

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問合せ下さい。

サンリフレプラザ 分岐水栓Q&Aもご参照下さい。
https://www.sunrefre.jp/branch/list/index2.html