洗面台収納の選ぶポイント | スタッフブログ|リフォーム実績30万件の住宅設備工事専門店サンリフレプラザ【公式】NO.10700

お問合せ無料お見積はこちら

おはようございます。
最近は涼しい日も多くなり、いよいよ秋ですね!
季節の変わり目ですので体調にはお気を付けてお過ごし下さい。

さて本日は洗面台の収納についてご案内させて頂きます。
洗面台は昔から形こそ大きく変わりませんが、
小スペースで効率よく洗面所スペースを使えるように、

ボウルの形状が四角くなっていたり、蛇口の設置位置が
ボウルの上から出ているのでは無く、鏡の下から出て
いたりと少しづつではありますが使い易いように
変わってきています。

写真はTOTOリモデアです。幅60cm×奥行49cmですが

大人の男性が使っても狭さをそこまで感じません。

同じように収納部分も少しづつ変わってきていまして
以前は開き扉のタイプのみというのが主流でしたが
現在発売されている洗面台の多くは開き扉タイプと
引出しの収納タイプでお選び頂けるようになっています。
 
INAX ピアラ 左が開き扉 右がスライド式

スライド式は上から収納物が見え便利な面もありますし
最近増えて来たタイプなので流行りでオシャレな感じも
するかもしれません。しかし実際に使ってみますと従来あった収納スペースに
新しく棚を設置しているのでどうしても収納力に物足り
なさを感じてしまいます。


写真はTOTOのオクターブです。

引出し奥の空きスペースが生まれてしまいます。
1000㎜以上の大きな洗面台ですと横幅もあり収納能力も
ありますが600㎜~900㎜のコンパクトサイズな洗面台に
収納力を求められる場合には意外と思われるお客様も多いと
思いますが、収納の自由度が高いので開き扉タイプがお勧めです。

また、新たに配管を行う新築とことなりまして、
リフォームの場合は、スライド式にしますと、
既設の配管の位置を変える工事が必要になりますので、
費用の面でも開き扉がお安くなります!

お客様のご希望にあった洗面台をお選び頂ける様
当社スタッフもご相談にのらせて頂いております。
ご検討中のお客様は是非お気軽にお問い合わせ下さい。
本日もよろしくお願い致します。