サンリフレプラザ
ビルトインガスコンロの天板について

天板の幅

天板幅は幅60cm、75cmから選べます

ビルトインガスコンロは、本体に対して天板のサイズが60㎝と75㎝の2種類があります。本体のサイズはどちらの幅でも変わりませんので、使い勝手にあわせて、サイズが選べます。

幅60cm

一般的な間口サイズ

本体の横幅と天板の横幅が同じサイズで、一般的によく設置されているサイズです。同じ幅60cmに交換することも、幅75㎝に天板のサイズを広くすることもできます。

幅75cm

幅75㎝なら、大きな鍋での料理も
ラクラク

本体に対して、天板の横幅が15㎝広いタイプです。横幅が広いので、左右のバーナーの間も、幅60タイプより約2㎝ほど 広く、大きな鍋での料理や、天板に熱い鍋を仮置きしたいといった場合に使い勝手が良いです。また、横幅75㎝から、幅を狭めて、横幅60㎝にすることもできるので、キッチンカウンターの調理スペースを広くしたいと考えている場合などは、幅60㎝への変更もできます。

天板の種類

お求めやすいホーローから、高級感あるガラストップまで種類がいろいろ

ビルトインガスコンロの天板は、種類が豊富です。お値段重視ならホーロー素材、高級感やお手入れ性を重視するならガラストップなど 使い勝手や好み、予算にあわせて選べます。

ガラス

お手入れしやすく、高級感のある人気素材

透明感や光沢が美しく、汚れがさっと拭きとれるお手入れのしやすさが人気です。最も多くの機種に採用されているスタンダードな素材で、価格は比較的高めです。

ガラスコート

ガラスのような質感で、丈夫でお手ごろ

鋼板にガラスコーティングを施した素材。表面がガラス質なので、光沢感やお手入れのしやすさはガラストップに近く、ガラストップよりも価格が手頃です。
(リンナイ パールクリスタル)

アルミ

熱が分散されて焦げつきにくい

アルミは素早く熱を分散させるため、バーナー周りが熱くなって煮こぼれがバーナーのまわりに焦げつくのを防ぎます。 扱いやすさや美しさはガラストップが上ですが、衝撃に強いという特徴があります。

ホーロー

価格の安さで選ぶなら

鉄板にガラスの釉薬を焼きつけたホーローの天板はお求めやすく耐久性があります。他の天板に比べると清掃性は低めです。汚れを落としやすくするフッ素コートを施したものもあります。

ステンレス

業務用のような堅牢さがあり、家庭用コンロとしては個性的です。
(ハーマン スタイリッシュブリンク +doのみ)